ナビゲーション部分を読み飛ばし

山口大学大学院医学系研究科神経内科学講座

研修プログラム

世界に通用する一流のneurologistを育てる

優れた臨床家,研究者,教育者を輩出することで日本の神経学の中核,さらには世界の第一級レベルの教室に発展.
 矢印  専門医研修プログラム

初期研修は医師としての基礎を作る重要な時期

内科系・神経系に携わるすべての医師は,基本的な神経内科的診察・思考方式を身につける必要があると考え,その教育を実践.
 矢印  研修初期プログラム


ごあいさつ

神田教授からのメッセージ

神田教授からのメッセージ

内科学は本来,患者さんを詳細に診察して細やかな身体所見を吟味し,診断・治療方針を立てるというものであったはずですが,近年の診断機器や生化学的解析の進歩により,ややもすればデータのみに頼って生身の患者さんを診ない傾向が否めません.

医局長からのメッセージ

医局長からのメッセージ

2010年春から医局長を務めさせていただいている小笠原淳一です.現在医局の運営の実務面を担当しています.その運営方針は神田先生の提唱される,「世界に通用する一流のneurologistを育て,優れた臨床家,研究者,教育者を輩出すること」です.

病棟医長からのメッセージ

病棟医長からのメッセージ

入局・ローテーションを考えている先生方,神経内科に関心を持ってこのホームページを訪れた学生さんへ
神経内科の印象は,『難解で取っつきにくい』,『地味で苦手』,『治らない稀少疾患が多い』といったイメージではないでしょうか?こういった印象は,実際の診療を経験するとかなり違ったものになると思います.

医学系研究科 神経内科学講座

〒755-8505
山口県宇部市南小串1-1-1
Tel: 0836-22-2719